高品質を生む電縫鋼管製造(ERW)

高度にオートメーション化された製管設備で高品質化と省力化が図られています。

当社の鋼管は、高炉メーカーより購入した熱延コイルをそのまま、あるいは酸洗、冷延加工を施し、さらに亜鉛めっきしたコイルを材料に、すべて高周波溶接方式で製造されます。 堺工場のストレッチ・レデューサー(SR)では熱間加工が行われ、均一な材質で加工性により優れた鋼管を供給することができます。

製管設備はすべてユーザーのニーズを十分踏まえて開発・設計され、高品質化と省力化が図られています。

スリッターから切断までの解説図