会社を知る Company Profile

丸一鋼管の特徴

  • 業界シェアNO.1を支える、
    国内溶接鋼管メーカートップの
    生産販売拠点数、
    お客様の要望に
    柔軟に応える多品種生産と
    自社加工技術向上へのたゆまぬ努力。

    国内生産拠点
    丸一鋼管グループでは、国内生産拠点数が北海道から九州まで15箇所、販売拠点は北海道から沖縄まで21箇所にのぼります。グローバル化が加速する時代背景に応じて、海外グループ会社7カ国16拠点を展開し、品質と納期の双方を追求しています。需要地の近くに生産拠点を構えること(需要地生産体制)で製品をいち早くお客様にお届けし、品質の点では強度や材質・加工性・軽量化といった様々なニーズに対応することで、「パイプのリーディングカンパニー」の名に恥じない製造販売体制を確立しています。
  • 生産性の向上に対して、
    最新の技術と設備導入による効率化で対応。
    専門知識に加えて、周辺知識を自然と学べる環境。

    生産性の向上
    丸一鋼管では、従来から一貫して生産量・規模の拡大に最新の技術と設備導入による自動化・効率化で対応しながら成長してきました。その結果、独自の人材活用スタイルを築きあげ、一人一人が伸び伸びと活躍できる社風が形成されました。社員は丸一鋼管の家族の一員として、何よりも大切な存在です。丸一鋼管では、過去一度もリストラによる人員削減を行っていないことがその証です。 職種ごとの垣根を取り払い、横断的なコミュニケーションを行いながら幅広い業務をこなす姿勢が社員に浸透しています。また、会社規模に比較して毎年の採用人数が少ないため、若手のうちから大きな仕事にチャレンジする機会が与えられています。
  • 長い歴史の中で乗り越えてきた
    数々の逆境と、そこから学んだ堅実な経営。
    変化の激しい現代においても、その安定性は変わりません。

    堅実な経営
    丸一鋼管は、1974年に完全無借金経営を達成し、今日までその健全な財務体質を維持しています。また、毎年業界紙のランキング上位に掲載される高収益企業です。自己資本比率についても、2018年3月期は85.1%(連結)であり、東証一部上場企業の中でも非常に高い水準にあります。次世代の持続的成長のために、潤沢な手元資金を生かして積極的な設備投資・業務効率向上への投資を行っております。変化の激しい時代の中で、これからも堅実な経営を継続してまいります。
エントリーする
ENTRY

採用フロー・募集要項

エントリーする