会社を知る Company Profile

社員研修・キャリアパス

新入社員研修

  • 内定者トレーニング

    内定者の皆さんには、会社が新聞の購読をサポートし、政治や経済に目を向け、ビジネスパーソンとしてのスタートを切る準備を始めていただきます。

    内定者トレーニング
  • 入社式

    丸一鋼管グループの新入社員全員が一堂に会して入社式を執り行います。経営トップからも直々に激励の言葉をいただきます。

    入社式
  • 導入研修

    入社式の翌日から、新入社員全員でコミュニケーション研修やライフプランニング研修を含む基礎的な内容の研修を受けていただき、社会人としての一歩を踏み出していただきます。

    導入研修
  • 語学・ファイナンス系研修

    外部講師を招いた英会話レッスンや、ビジネス会計検定の合格を目指した座学の研修を受けていただきます。グローバル企業の一員としての自覚を持ち、財務諸表の読み方等社会人に必須のスキルを磨いていきます。

    語学・ファイナンス系研修
  • 工場研修

    実際の工場のラインに入って、鋼管製造に携わっていただきます。丸一鋼管の「ものづくり」を肌で感じる経験は、どの部署に配属される新入社員にとってもかけがえないものとなります。

    工場研修
  • 海外研修

    本配属の前後の時期に、1人ずつ世界各地の海外子会社への研修(約10日間 行き先により異なります)に出発します。世界各地の製造現場の視察や、世界で働く丸一鋼管の仲間との交流を通して、早期にグローバルな視点を持っていただくことができます。

    海外研修
  • フォローアップ研修

    本配属後、再び新入社員全員が集まって行う研修です。一人一人が、経営トップ・所属長との対話などを通して会社への理解を深め、新入社員同士がお互いに刺激を受けられる機会を設けています。

    フォローアップ研修

入社後の各種制度

入社後の各種制度

自己啓発援助制度

会社が指定する30以上の資格について、取得した社員はランクに応じた手当を継続して受け取ることができます。該当する資格取得のために開講されている通信教育(会社指定)の受講料を会社が補助する制度です。

功労表彰制度

年1回、業務において功績を残し、他の社員の良い規範になると認められた社員に対して、社長賞や工場長賞が贈られます。毎年数多くの若手社員が受賞しており、その内容は社内報にも掲載されます。

社員提案制度

丸一鋼管グループの社員が日々の業務の中で考案した業務改善提案を提出し、中央審査会の審査を経て金賞・銀賞・銅賞決定、報奨金を支給します。世界中から、国内外あわせて毎年約700件の提案が集まります。日々の業務に対して常に問題意識を持って取り組む積極的な姿勢を醸成します。
(グループ全体提案件数実績:H30年度753件、H29年度818件、H28年度655件)

若手社員の活躍の場が充実

海外研修

海外研修

グローバル企業である丸一鋼管グループの一員としてさらに幅広い視点を身につけるため、丸一鋼管グループの全社員を対象として毎年十数名の社員が海外グループ会社での研修に参加しています。実際に工場を視察したり、現地スタッフと積極的に交流したりする機会を設けています。

Vプロ(バリュー クリエイト プロジェクト)

全国の拠点から選抜された社員が集まり、未来の丸一鋼管の姿と、その実現のために何ができるかを若手社員目線で提案しプレゼンを行う研修が行われました。

リーダー養成講座への社員派遣

社外で開催される、リーダー養成講座に若手社員が派遣されることもあります。社外の人と関わる中で刺激を受けることができます。

未来社会デザイン会議

SDGs(持続可能な開発目標)の2030年達成のためのオープンイノベーションを生みだすことを目的に開催された、2025年日本万国博覧会誘致委員会主催の「未来社会デザイン会議」に、丸一鋼管の若手社員4名が参加し、プレゼンテーションを行いました。

エントリーする
ENTRY

採用フロー・募集要項

エントリーする