環境方針

当社は、リサイクル性の高い鉄を素材とした鋼管の製造を通じ、次の世代へ住み良い環境を残すよう努めます。
"地球と自然と人類との共存共栄"を基本理念とし、このパイプ役となるよう努めます。
このために、以下の活動を行います。

1.

環境への影響を考慮し、汚染の予防、省資源化および省エネルギー化に努めます。

2.

環境関連法規、地域住民との取り決めなど、社会規範を遵守した企業活動を行います。

3.

環境に関連した目的、目標を設定し、環境マネジメントシステムを含んだ継続的な改善活動を行います。 また、これらを定期的に見直します。

4.

本方針は、社内外に公開します。
社外:ホームページ上、また要求に応じて、適切な方法で公開します。
社内:全社員に周知し、環境に対する意識の高揚を図ります。

ISO環境マネジメント体制図

丸一鋼管グループでは、環境保護に配慮した企業活動を推進し、社会から信頼される会社として持続発展させていくために、JIS Q 14001(ISO 14001)の要求事項を組み入れた環境マネジメントシステムを確立しています。

ISO環境マネジメント体制図 ISO環境マネジメント体制図
ISO 14001 取得状況

丸一グループのパイプおよびマルイチポールの製造工場は全て審査登録を行っております。

ISO 14001 取得状況
登録日 2003年8月8日
更新日 2018年8月8日
認定機関 JAB:(公財)日本適合性認定協会
審査登録機関 JSA:(一財)日本規格協会
適用規格 JIS Q 14001:2015, ISO 14001:2015
登録番号 JSAE 699
登録範囲 1.産業プラント、一般および機械構造用、自動車・モーターサイクル部品、
電線管、ガス・水道管ならびに鋼管ぐいに使用される溶接鋼管の設計・製造

2.マルイチポール、鉄塔、鋼管柱の設計・製造
3.酸洗鋼帯、冷延鋼帯、めっき鋼帯(溶融亜鉛めっき鋼帯および
 溶融55%アルミニウム−亜鉛合金めっき鋼帯)の設計・製造

4.一般構造用形鋼の設計・製造
登録組織 丸一鋼管株式会社 本社/札幌事務所/東京事務所/名古屋事務所/大阪事務所/広島事務所/福岡事務所/大阪特品営業部/名古屋特品課/東京特品営業部/堺工場/東京工場/名古屋工場/詫間工場/堺特品工場/鹿島特品工場/北海道丸一鋼管株式会社(苫小牧工場)/四国丸一鋼管株式会社(四国工場および橘工場)/九州丸一鋼管株式会社(九州工場)
地球温暖化対策

丸一鋼管グループでは、再生可能エネルギーを利用した低炭素社会の実現に貢献するため、国内7工場で太陽光パネルを設置し発電を行っています。また、省エネに関する各種の取り組みを実行、毎月開催の環境に関する会議においてグループ内で情報共有しています。

太陽光発電量の推移
※2017年度より詫間工場と四国工場を分割計上
グラフ
CO2排出量、使用エネルギー量の推移
グラフ
その他の取り組み実績
・溶接設備の省エネタイプへの更新
・詫間工場におけるLPGからLNGへの転換
・廃熱利用設備の導入
・モーターのインバーター制御化
・高効率変圧器やLEDなどの省エネ機器採用
写真
生物多様性に関する取り組み
詫間工場(香川県三豊市)敷地内に自生している 「アッケシソウ(環境省レッドデータブック絶滅危惧Ⅱ類指定)」 の保護活動に取り組んでおります。 「アッケシソウ」は干潟や塩田で生育する塩性植物です。
写真
環境関連法規の遵守

事業活動を行う上で対象となる環境関連法規は多くあり、生産拠点ごとに定期的に排水、騒音などの測定を行うとともに、その遵守状況を定期的に評価しています。

分野 適用法規
土地利用 工場立地法
地球環境 省エネ法、建築物省エネ法、温暖化 対策推進法、フロン排出抑制法
公害 公害防止
体制整備
特定工場における公害防止組織の整備に関する法律
大気汚染 大気汚染防止法、自動車NOx・PM法
水質汚染 水質汚濁防止法、水道法、下水道法、浄化槽法
土壌汚染 土壌汚染対策法
騒音・振動 騒音規制法、振動規制法
悪臭 悪臭防止法
有害物質 PRTR法、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律、毒物及び劇物取締法
廃棄物 廃棄物処理法、PCB特別措置法、自動車リサイクル法、家電リサイクル法
労働安全衛生 労働安全衛生法、消防法、高圧ガス保安法
外部からの評価
2013年2月6日
詫間工場がエネルギー管理優良工場(四国経済産業局長表彰)を受賞
写真
1993年10月29日
詫間工場が工業標準化実施優良工場(四国通商産業局長表彰)を受賞
写真
環境配慮製品の紹介
角型カラー鋼管

『JIS G 3466(一般構造用角形鋼管)』の認証を受けた鋼管に『JIS K 5674(鉛・クロムフリーさび止めペイント) 2種』の認証を受けた塗料を塗装しています。

『水系さび止めペイント(JASS18 M-111)』と同等の高性能を発揮する塗料を使用しています。

JIS K 5621(一般用さび止めペイント)塗料より、優れた耐食性を発揮します。※

鉛、クロム等の重金属を含まない高防錆タイプの水系錆止め塗料を使用しています。

ホルムアルデヒド放散等級は、F☆☆☆☆です。

写真
  JIS K 5621(4種) JIS K 5674(2種)
サイクル耐食性 20サイクルで膨れ、
さび及びはがれがない
36サイクルで膨れ、
さび及びはがれがない
カラーラインナップ
写真

鉛丹色

写真

グレー

※通常品は膜厚において「公共建築工事標準仕様書」の要求に適合しませんので、適膜厚が必要な場合は別途お申込みをお願いします。
※色見本は実際のもとは色調が異なります。

AL-Z55N 農芸用鋼管/ねじなし・薄鋼 鋼製電線管およびノーマルベンド
・クロムフリー
丸一鋼管は自社の詫間工場の鋼帯めっきラインに新たにロールコーターを導入し、
ノンクロタイプAL-Z55Nを製造しています。クロムを全く含まないため、より
環境にやさしいパイプです。
写真
写真
AdobeReaderのダウンロード

PDF形式のドキュメントをご覧になるには、Adobe Acrobat Reader が必要です。
Acrobat Reader は、アドビシステムズ社より無償配布されています。

ADOBE_READER